ITパスポート分野別勉強法(テクノロジ系)

テクノロジー系は、情報技術の基礎知識や論理的な思考力を問う内容で、 身近なシステムの基礎知識も問われます。尚、専門性の強い内容は問われません。

●基礎理論
重要ワード:バイト、2進数
●コンピュータシステム
重要ワード:コンピュータの5大要素、クラインアントサーバーシステム、ディレクトリ
●技術要素
重要ワード:ユーザーインターフェース 、ディジタル署名、ウイルス対策ソフト

●開発技術
重要ワード:ソフトウェア開発の工程、ウォーターフォールモデル、プロトタイピングモデル
●プロジェクトマネジメント
重要ワード:PMBOK
●サービスマネジメント
重要ワード:ITサービスマネジメント、ITIL

基礎理論
基礎理論はパソコンの基礎的な要素が多く、一度は聞いたことのある用語が多いはずです。
その中で、今回は、バイト、2進数について解説します。

まず、バイトとはコンピュータで扱える情報の単位の事を言います。
単位は、キロ→メガ→ギガ→テラとの順です。 また、このバイトとは補助記憶装置でよく使われています。

補助記憶装置とは、プログラムやデータを長期的に保存しておく場所で、 ハードディスクやCD-R,MD,SDカードなどがそれに当ります。
その中でもハードディスクは、数十~数百倍バイト以上の大容量であり、プログラムや データは通常ハードディスクに保存されます。

次の2進数については、コンピュータの世界でよく使われます。
2進数とは、0か1の2通りの数字を使って表現する方法で、一の次の桁が上がるのが特徴です。
例えば、10,11、100、101、110となっていきます。

また、我々人間が良く使うのが、10進数で、0~9の数字を使って表現します。
尚、人間は2進数の表現が理解しにくいため、2進数を取り扱う場合、10進数に変換することが必要です。 その方法が、基数変換と呼ばれています。

コンピュータシステム
コンピュータシステムで、まず覚えてほしいのが、5大装置です。
5大装置とは制御(CPU)、演算(CPU)、記憶(メモリ、ハードディスクなど)、入力(キーボード、マウス)、出力(ディスプレイ、プリンタ)です。

次のクライアントサーバーシステムとは、サービスを要求するクライアントと、サービスを提供するサーバーがネットワークで繋がったシステムのことです。
例えば、クライアントが、Aという書類をプリントアウトしたいとサーバーに要求して、 サーバーがそれに応えて、その書類を出力します。

また、サーバーにもそれぞれ役割があり、ファイルサーバー、プリントサーバー、WEBサーバーなどがあり、クライアントの要求にしたがって使い分けることをします。

ディレクトリとは、コンピュータ上で個々のデータを分類・整理するための、階層構造(ツリー構造)を持った場所の概念です。
最上位のディレクトリをルートディレクトリといい、それ以外のディレクトリをサブディレクトリと言います。
わかりやすく言えば、ルートディレクトリがタンスで、その中に秋物、冬物などの洋服をしまう場所がサブディレクトリです。 尚、WINDOWSではフォルダと呼ばれています。

技術要素
技術要素は、ユーザーインターフェース 、ディジタル署名、ウイルス対策ソフトの3つを取り上げます。

まず、ユーザーインターフェースとは、人とコンピュータが情報をやり取りする場所のことを言います。ヒューマンインターフェースと言われています。

わかりやすい例を出せば、エクセルを使っていたとして、上のタブに、編集や表示、ファイルなどの設定するところがあり、そこからフォントのサイズを変えたり、行列番号をつけたり出来ます。
そのことを言います。

次のディジタル署名とは、メールや電子文書に添付する署名情報のことで、送られてきたデータの送信元が間違いないか、送信上でデータが改ざんされていないかを確認するために使います。
要するに、本人であることと改ざんの有無を確認するためです。

最後のウイルス対策ソフトは皆さんもご存知だと思います。
現在インターネット上には、ファイル感染型、ブートセクタ感染型、マクロウイルスなどの様々なウイルスが存在します。
その対策のためにウイルス対策ソフトを使います。

また、ウイルス対策ソフトのポイントは、「常に最新版にすること」で、 ウイルスに感染にすれば、「ネットワークから切り離す」と覚えといて下さい。

以上が、各分野の学習ポイントです。
ここまでで説明した内容を詳しく勉強すれば、十分点数が取れると思います。
かなり端折って説明しましたが、よく出題されるポイントです。 是非参考にして下さい。