ITパスポート分野別勉強法(マネジメント系)

マネジメント系は、システム開発やプロジェクトマネジメントのプロセスに関する基礎知識や 概念など理解します。
またコンピューターやネットワーク、オフィスツールなどを使って、業務環境の整備を考えるための基礎知識も学びます。

それでは、項目ごとに出題数の多い分野を紹介いたします。

●開発技術
重要ワード:ソフトウェア開発の工程、ウォーターフォールモデル、プロトタイピングモデル
●プロジェクトマネジメント
重要ワード:PMBOK
●サービスマネジメント
重要ワード:ITサービスマネジメント、ITIL

開発技術
開発技術で重要なのは、ソフトウェア開発の工程を理解することです。
その工程とは、要求定義→システム設計→プログラミング→テストといった流れになります。
そして、システムを開発する技法は様々で、ウォーターフォールモデルやプロトタイピングモデルなどがあります。

ウォーターフォールモデルとは、通常通りの開発工程を踏むオーソドックスな方法で、 要求定義→システム設計→プログラミング→テストの順に行ないます。
但し、一度開発してしまったら後戻りしにくいのが特徴です。

対して、プロトタイピングモデルは早い段階から試作品を作成して、開発をすすめていく技法なので、利用者と開発者の解釈の違いを早い段階から発見できます。

プロジェクトマネジメント
プロジェクトマネジメントは、プロジェクトの際に予算や納期といった制約のある中で、 予定通りに完了するための、計画立案や実行管理の手法になります。
そして、プロジェクトをしっかりと管理するための世界的な基準になっている方法が、 PMBOKとなるわけです。
このPMBOKは9つの要素があり、スコープ(対象範囲)、予算、納期、品質などです。

サービスマネジメント
サービスマネジメントで最も重要な用語は、ITサービスマネジメントです。
ITサービスマネジメントとは、ITサービスを提供する企業が顧客の要望にしっかりとこたえるためにサービス品質を向上させるための運用管理のことです。

また、ITILとは、ITサービスマネジメントに関する効率的な実践方法を集めたガイドラインのことを言います。
尚、効率的な実践方法は英語で「ベストプラクティス」といいます。
これも覚えておくと良いでしょう!