ITパスポートの仕事について

ITパスポートの資格を取得して、仕事に活かそうとする方も多いと思います。

ITパスポートの知識があれば、パソコンの基本操作を理解していますし、 ITを活用してのマーケティング戦略を考えることも出来ます。
また、効率的な業務改善方法も提案することも可能です。

しかし、実際問題ITパスポートの資格を取得して、就職や転職に有利になるとか、 年収が上がるとかいうことはありません。
あくまでも個人のキャリアップの一環として取得する資格です。

もちろんそれにもきちんとした理由があります。

就職や転職に直結しにくい資格というのは、何もITパスポートに限ったことではありません。
多くの資格に言えることです。

例えば、簿記を取得したからといって、それが決め手になり就職できることはありません。
資格そのものよりも経験が問われます。
他にもファイナンシャルプランナーにしても、そのほかの情報系の資格にしてもそうです。
つまり、どの企業も資格をもっていることを評価するのではなく、資格を活かして何をしてきたか、もしく何をしたいのかを評価するのです。

そう考えればITパスポートの資格は、非常に可能性が高まります。
効率的なシステム開発の工程がわかるので、プロジェクトリーダーとして、予算や納期を しっかりと守るようなスケジュールを立てたり、社内のネットワーク環境を快適にするための提案をしたりすることも出来ます。

また、経営や会計の基礎知識を活かして、ITを活用したマーケティングの実績を作ることも出来かもしれません。

このようにITパスポートの資格は、工夫次第でいくらでも企業から評価されることが出来るのです。

皆さんもご存知の通り、インターネットは日本中に普及しています。
しかし、簡単なパソコン操作の知識はあっても、ITそのものに詳しい人は少ないと感じます。

そんな中で少しでも秀でた知識や技術があれば、それだけで社内からの評価が上がり、
ゆくゆくはITパスポートの知識からステップアップし、システムエンジニアやプログラマーになることも考えられます。