ITパスポートの合格率

ここではITパスポートの合格率を見ながら、実際の難易度を検証していきます。

平成21年春季 平成21年秋季 平成22年春季
応募者数 46,845人 71,856人 63,680人
受験者数 39,131人 61,313人 52,299人
合格者 28,540人 31,080人 22,098人
合格率 72.90% 50.70% 42.3%

現在では試験方式が、紙とペンによる筆記から、コンピューターを使用したCBT方式になり、随時受験できるようになりました。
そのため、年間の集計という形になります。

2012年 2013年
応募者数 68,983人 74,391人
受験者数 62,848人 67,326人
合格者 25,796人 32,064人
合格率 41.0% 47.6%

世の中には、合格率が1桁台の国家資格が多くあります。
例えば、司法書士、税理士、中小企業診断士、行政書士などです。
そのような資格から見れば、ITパスポートは、合格率が高く、決して難しい試験ではありません。
実際にも半分くらいの方が合格していますし、中にはまったく情報処理関係の知識がない方もいます。 つまり、国家資格の中では合格しやすい試験だと言えます。

しかし、それでも一生懸命勉強しなければ、合格できない試験です。
ITパスポートの試験は合格率が高いといっても、それでも半分の方は不合格になっていますし、
直近の試験で言えば、不合格者は約6割です。

さらに上記の合格率を見てもわかるように、年々合格率が下がっています。
どの資格でも創設して間もないころは、合格率が高いですが、徐々に難易度が高くなる傾向にあります。
ITパスポートの試験もこれから合格率が下がっていくことも考えられます。

ここで理解してほしいのは、合格しやすい試験というのは、勉強をしなくても良いというわけではないのです。
それなりの勉強をこなした結果、合格する可能性が高いということです。

合格率が多少高くても、勉強量、学習計画、教材選びなどを怠っていては、 とても合格できません。

ITパスポートは、あくまでも国が定めた一定以上の知識を有していると証明される 国家資格だということは忘れずにいて下さい。

ただ、しっかりと勉強量をこなせば必ず合格できる試験なので、 挑戦しやすい資格であるかことは確かです。