ITパスポートと初級シスアドの難易度や内容の違いとは

ITパスポートと初級シスアドの難易度や内容の違いとは

初級シスアドはより専門的な知識を問われた資格

ITパスポート資格は、「初級シスアド」という今はもう存在していない資格の後継者のような位置にあります。

ただし、初級シスアドとITパスポートの内容を比べると、いろいろな違いがありますし、世間でも「初級シスアド=ITパスポート」という見方をされるとは限りません。

それではITパスポートと初級シスアドはどれくらい違うのでしょうか?
といっても試験制度がまず違うため、比較は簡単ではありません。

あえて最大の違いを探すなら、

ITパスポート

主として、「ITに携わる職業人全てに、共通的に求められる基礎知識」を問うための試験

初級シスアド

主として、「部門の情報化推進者として備えているべき知識・技能」を問うための試験

と、公式には定義されています。

つまり、ITパスポートと比べて初級シスアドのほうが一歩踏み込んだ知識や専門性のある知識を試験に出題していたことになりますね。

この点を知り抜いている人たちも少なくありません。そして、初級シスアド試験に合格している人がTパスポートを受ける必要もあまりないでしょう。

ITパスポート取得の意義とは

それでも、両者には違いがありますし、初級シスアド合格者でもITパスポートを受けることにはそれなりに意味があります。

これからはITパスポートの知名度がますます上がっていきますし、履歴書等に記載するときに、ITパスポートを持っているほうが有利になる可能性もゼロではありません。

実際に、就職・転職のためにITパスポートをあえて受けようとする初級シスアド合格者も少しずつ出てきているようです。
このあたりは、自分のキャリアプランをよく考えながら決めればいいでしょう。

なお、本当に初級シスアド合格者がITパスポートを受ける場合ですが、合格するチャンスはかなりあるといえます。

特に通信講座等を使って効率のよい勉強を行えば、時間をかけずに合格することもじゅうぶん可能でしょう。

ITパスポート試験は上級資格へのスタートライン

ITパスポート試験は上級資格へのスタートライン

IT系資格の登竜門

ITパスポートを取得したら、せっかく合格したのですからできるだけその資格を役に立てたいと感じるのが当たり前でしょう。

ところで資格試験がいちばん役に立ちそうなときといったら、やはり就職や転職のようなキャリアをつくるときですね。

ITパスポートはそうした場合に直接的な影響を及ぼすわけではありませんが、IT関係の企業をはじめ、一部の企業からは何らかの期待をかけられる可能性はありますね。

「PCを使い慣れているのか?」
「セキュリティの基本知識を押さえているのか?」

といったものが考えられそうですが、

もっと上級の情報処理技術者を狙っているのか?」

といったものもあるでしょう。

実は情報処理の試験には経済産業省が定めたガイドラインのようなものがあります。
ITSS」とも呼ばれていますが、それでは何の略語なのかわからないため、「共通キャリアフレームワーク」と呼ばれることが多いです。

そのフレームワークにはレベルが定められています。

取得レベルについて

  • レベル1:ITパスポート試験(IP)
  • レベル2:基本情報技術者試験(FE)
  • レベル3:応用情報技術者試験(AP)

要するにITパスポートは、このフレームワークの中では登竜門のような位置にあるのです。
ここまではかなりわかりやすいのですが、そこから先は少しややこしく変わります。

上級試験は専門分野に分岐します

レベル4:各種上級試験

此処にはいくつもの試験が入ってきます。何を専門とするか決めて受けていくことになります。

上級試験の一覧

  • ITストラテジスト試験(ST)
  • システムアーキテクト試験(SA)
  • プロジェクトマネージャ試験(PM)
  • ネットワークスペシャリスト試験(NW)
  • データベーススペシャリスト試験(DB)
  • エンベデットッシステムスペシャリスト試験(ES)
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)
  • ITサービスマネージャ試験(SM)
  • システム監査技術者試験(AU)

これらの試験は、実はただ合格するだけではいけません。

それに加えて、実務経験をじゅうぶんに持っていることを認めてもらう必要があります。

レベル5~7:面接ほか

面接の場でも重視されるのですが、ここにおいても実務経験の量が問われます。
面接と経験を総合して、判定が下されます。

もちろん、なかなか上のレベルに到達することは容易ではありません。
しかしITパスポートの資格を持てば、スタートラインに立つことはできますし、期待をかけられる可能性はあります。

もちろん目指すかどうかは自分次第ですが、こうしたハイレベルな資格を狙えるチャンスが与えられることは間違いありません。

ITパスポート試験はCBTで一気に生まれ変わりました

ITパスポート試験はCBTで一気に生まれ変わりました

全てコンピュータ上で行うテスト

ITパスポートでは、平成23年度から「CBT(=Computer Based Testing)」方式の試験制度が導入されました。

それまでは資格試験のペーパーテストと同じように、受験者は用紙を使って解答をしてきましたが、これによってパソコンの画面を見ながらマウスやキーボードで解答をしていくことになったのです。

当初、このCBT方式についてはちょっとした誤解が受験者の間にあったかもしれません。
CBTでは端末上に画面を表示させるため、文章以外の要素を問題に使うことも簡単になります。

そしてパソコンがある場所なら試験を実行することは難しくないため、試験を主催する際の手間暇が大幅に省けることも明らかです。

CBT方式により試験日が増えた

とはいえ受験者の側にも、ITパスポート試験がCBTで行われることによるメリットは、少なからずありますね。

最大のメリットといえそうな点は、やはり試験の開催が楽になったことでしょう。
受験者から見れば、これは「試験を受けられる機会が増えた」わけです。

実際に試験を受けられる場所や日時を希望・条件に合わせて選べるようになりました。

それに試験を受けられる機会が増えたからと言って、出願手続きが煩雑になるようなことはありません。むしろ手続きは楽になっています。

試験の結果がすぐにはっきりと出る点も、ポジティブな変化でしょう。しばらくの間悶々と結果を待ちながら過ごすようなことはありえなくなったのです。

こうした影響を総合すると、受験に関しても合格発表に関しても、スケジュールの立て方が全体的にやりやすくなったといえそうです。

便利になったCBT方式でITパスポートを取得しましょう

実際に、CBT方式になってからITパスポート試験はいっそう身近なものになったといえます。

現代社会に欠かせないITの知識をたっぷりと持っている証明になる資格ですから、まだ取得していない人は速やかに取得してしまったほうが正解でしょう。

おすすめ通信講座


    フォーサイト フォーサイト

    講座料金:14,800円
    テキスト、問題集に加え、webでもDVDでも見られる講義もついている、コストパフォーマンス抜群のオススメNo.1 無料で教材のサンプルがもらえるのでお試し受講も可能です。

  • 【資料請求】

MENU(試験・学習対策)

ITパスポート基本情報

その他

ITパスポートの応用情報