ITパスポートの難易度!

ITパスポートの試験は、受験すること自体、難易度の高いことではありませんが、 出題範囲は広範囲に渡ります。 そのため、試験勉強が進むつれ、次々と出てくる専門用に四苦八苦し、途中で挫折してしまう受験者が多いようです。 そこで、このサイトでは、ITパスポートの難易度や合格率を検証しながら、 試験合格の手助けをさせて頂いております。

ITパスポートとは、平成21年4月から新たに情報処理技術者試験に追加された、情報に関する国家資格の一つです。 「就職経験がない学生」や「ITの基礎知識がない方」を対象として、将来的に仕事に役立ててもらうことを目指しています。 その背景には、現在、職種に関係なく企業のIT化が進み、パソコンを使えなくては仕事が出来ない時代になってきているからです。

ITパスポートの資格を取得すれば、パソコンの基本的な仕組みが理解できて、 どの分野の仕事にも活かす事が出来ます。 また、ITパスポートの資格を足がかりに、ゆくゆくは就職先の企業で、システム構築や情報化の推進などを任されることもあるかも知れません。

ただ、ITパスポートは専門的な用語が非常に多く、覚えるのが大変です。 それは専門的な仕事は別として、普段パソコンを使っている方でも例外ではありません。

ですから、勉強の基本を学び、そして挫折しないで勉強していくような工夫が必要です。

そこで、このサイトを利用して、合格に必要な勉強を学んでほしいと思います。 決して、ITパスポートは難易度の低い試験ではありませんが、しっかりと勉強をすれば、 パソコンや横文字が苦手な方でも十分合格することが出来ます。

少しでもITパスポートの試験の難易度が低く感じられるようにわかりやすく、丁寧に解説していきたいと思います。

是非、最後までお付き合い下さい。